So-net無料ブログ作成

花粉症2015 医療費控除の対象となる花粉症の市販薬は?

花粉症の市販薬が医療控除の対象になるということを
ご存知でしょうか?


花粉症の期間は、長い人で3ヶ月を超えますので
医療控除のための準備をしておきましょう。

具体的には・・・




お子さんや妊娠中に方も安心して使える!!

副作用の心配が一切無い、最新のアレルギー性鼻炎対策法を
あなたは、ご存じですか?

1回たったの4分30秒、1日3回!簡単に出来て、全然痛くない!
有名人も使っているその方法とは?




「医薬品は」医療控除対象、「マスク」は対象外


花粉症の市販薬で医療控除の対象となるのは
「医薬品」と表示されているものです。

目薬や、うがい薬の一部も「医薬品」と表示されているものは
全て医療控除の対象です。

もちろん、花粉症だけでなく胃腸薬や頭痛薬なども
同じように対象となります。


「医薬品」という表示の市販薬は、
基本的にその用途が治療を目的としていますので
医療控除が受けられるというわけです。

それに対して、「マスク」などは予防がメインになってきますので
医療控除対象外になるということです。


「医薬部外品」もこれに当たりますので
目薬やうがい薬の一部は、医療控除対象外になります。



医療控除には、レシートが必要


医療控除を申請するためには、
市販薬を購入した時のレシートが必要です。

申請は、確定申告の時に申告しますので
それまでキチンと保管しておかなければいけません。


1世帯で、何人もの方が花粉症という場合は別ですが
花粉症の市販薬だけで、10万円以上かかることは稀だと思います。

ですが、その年の他の医療費全ての合計で申請できますので
その都度、レシートや領収書はとっておきましょう。

医療控除に関しては、詳しく書き出すと
かなりの量になりますので、

ここでは花粉症の市販薬に関しての情報にとどめておきます。




人気記事ランキング

【1位】→花粉症2015 今年の花粉症にに効く薬は?

【2位】→最新の花粉症対策!「バイオネット」

【3位】→花粉症2015 目薬は市販薬でも良い?

【4位】→花粉症2015 子供用の花粉症市販薬ってあるの?

【5位】→花粉症2015 花粉症用目薬は市販のものでも問題ない?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花粉症2015年版対策まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。